かんたんMIDIスイッチ基板 MT-416 MIDI to Transistor – 4port (16portまで拡張可能)

Pocket

MIDIメカニカルシステムの一部のモジュールをまとめて配線などを簡略化した基板です。これ一枚に電源とMIDI信号を接続することで4ポートの電力増幅が必要なスイッチ、その4つを含む全部で16ポートの5V15mAまでのスイッチができます。

製品内容物

  • MT−416基板 一枚

基本機能の4つの電力増幅ポート以外はコネクタを実装していません。拡張したい場合はピンヘッダ やソケットをご用意の上ご自身ではんだ付けをしてください。

接続図

DAWやMIDIシーケンサーからのMIDIケーブル
アクチュエーター用電源は6V-24Vの範囲で、電源容量に十分余裕を持ったものをACアダプターかターミナルブロックどちらかに入力してください。

各ポート1Aまで、合計4Aまで対応しています。

MIDIメカニカルシステムのモジュールで組んだ場合との違い

MIDI chは1に固定

コントローラーは使えません。
※ただしALL NOTE OFFのみ対応

出力のインジケーターはありません。

拡張

標準の状態でソレノイドなどの大きな電力(24V1Aまで)の必要なものを4つまで制御できますが、それより多くのものを動かしたい場合は下と右に出ているOUTPUT1-16とGNDをDT-8,DT-2等のモジュールに繋ぐと最大で16個までのアクチュエーターのスイッチができます。
その際、上部に4つあるコネクタと下部OUTPUT1-4は共通なので、オンにするとどちらも電気が流れることに注意してください。

設定

Note No. SETのスイッチを回転させることで、反応するノートナンバー(鍵盤)を変更することができます。
0 = 0-15(C-2 , D#-1)
1 = 16-31 (E-1 , G0)
2 = 32-47 (G#0 , B1)
3 = 48-63 (C2 , D#3)
4 = 64-79 (E3 , G4)
5 = 80-95(G#4 , B5)
6 = 96-111(C6 , D#7)
7 = 112-127(E7 , G8)
8,9 = 7と同じ

使い方

MIDI CH1の設定した値のノートデータを受信すると
番号の若い順に1-16の出力に分けて0or5Vの信号が出力されます。
1-4の出力はそのまま上部の4つあるコネクタに電源に接続した電圧が流れます。
使用可能電圧、電流範囲(6-24V,最大1Aまで)にご注意ください。

CC120(オールサウンドオフ)を受信すると
全ての出力をオフにします。

データの再生を停止したり鍵盤を離す(ノートオフ)と信号もオフになります。
MD-16を利用したMIDIメカニカルシステムの場合はコントロールデータを利用する設定にすることでスイッチを入れっぱなしにするコントロールもできます。

ご購入はコチラ

BASE(ベイス)


BASEで購入する Buy Now necobit電子BASEショップで買う→ ¥8,000 送料無料♪ かんたんMIDIスイッチ基板
(別ウインドウでBASEショップページへ移動します。移動先のカートに入れるボタンをクリックして決済手続きへお進みください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です