飲み込むゴックン、プハー(録音 効果音ミニ解説)Swallowing, Gulp Down Recording Sound Effect

リアルじゃないほうが、いいことも、ある。


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
飲み込むゴックン、プハー(録音 効果音)Swallowing, Gulp Down Recording Sound Effect
(48kHz 24bit)

この音、結構沢山録音したんです。

20140822h2n
最初はリアルな方がいいだろうと、
H2nのXYマイクを使って細かい音まで拾ってたのですが、
(なんとなくだけどXYマイクの方がくっきりする気がします)
「リアル過ぎて気持ち悪い」という事に気がつきました。

というのも、「necobitのビールを飲む音」
が欲しいわけじゃなく、
想定する聞かれる人は、汎用性のある
飲む音が欲しいと思うのです。
そうなると、喉を通ってきゅるるるって鳴っている音や、
部屋なりも含めてあまり細部まで録れていると逆に
汎用性は下がってしまいます。

そんな事を考えて、XYマイクからMSマイクの
センターのみに切り替え。モノラルです。

necobitはレコーディング知識は素人レベルなので
これが正解なのかはわかりませんが、
最初の状態よりは意図した感じに
なったんじゃないかなーと思います。

ちなみに4回で終わっているのは
炭酸に弱くて全て一気は出来ないからです。
昔一気させられて内部爆発した事ならあります。
(詳細は皆さんの想像にお任せします)

ZOOM H2n 【送料無料!4GB SDHCカードプレゼント!】

ZOOM H2n 【送料無料!4GB SDHCカードプレゼント!】
価格:11,267円(税込、送料込)

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください