巨大ロボット発進準備(効果音作り方ミニ解説)Launch Preparation Sound Effect

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

卵で米粒を包み込む感じです。(それはチャーハン)


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
巨大ロボット発進準備(効果音)Launch Preparation Sound Effect
(48kHz 24bit)

巨大ロボットのゲートがオープン
  ↓
リフトアップ
  ↓
移動完了

の音ですが、実際には
ゴミ収集車線路をメンテナンスする車両の音が
主成分になっております。

20140428gabage
こちらがキモになるゴミ収集車の波形ですが、
ディーゼルエンジンが回る「ブオーン」という音が
でかくなると途端に違うものになってしまうので、
その手前で音をバックフォワードでループさせます。
通常ループというと特定の場所をリピート再生する
イメージですが、バックフォワードの場合は
ループのエンドポイントからスタートポイントまで
逆再生で戻ります。
普通の音としては違和感が出やすかったりもしますが、
音を合成する場合は結構有用。

しかしそれだけだと雰囲気が出ないので、
変な倍音がよく出る2600Vを使って段々上がって行く様な
音を足してディーゼルっぽさを包み込んであげます。
(ここがチャーハン)
20140428meca

最後のゴガーンという音は以前録音した
線路を整備するマシーンの一部を抜き出したもの、
を、一オクターブ低く再生したもの。

メカニカルな音の素材を沢山集めておいたら
こういう音を沢山作れるので、
皆さん気がついたら録音しておきましょう。

(Amazon)

“巨大ロボット発進準備(効果音作り方ミニ解説)Launch Preparation Sound Effect” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください