タイムマシン・空間移動(効果音作り方ミニ解説)Time Travel Sound Effect

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

ドラemonは関係ありませんよ


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
タイムマシン・空間移動(効果音)Time Travel Sound Effect
(48kHz 24bit)

ここではないどこかを流れる様にして移動する、
そんな音を目指しました。

作り方の特徴は…揺らぎのあるフィルターの変調の仕方。

20140220timemachine

MassiveにはLFOが4つあるので、全部サイン波だけど、
Rateを微妙にずらして、2つあるフィルターのカットオフとレゾナンスを
それぞれ別の周期で変調する。
4つのパラメーターがバラバラに変調する上に、
フランジャーでさらにもう一つ「シュオーン」的な
変化をかけたので、いつまでたっても全く同じ音は
流れず、沢山の「シュオーン」的な変化が重なり合った
複雑な音になる。
でも実はなっているのはノイズだけ。

そしてふっかーいリバーブで遠くへ遠くへ飛ばしてあげれば
そこはもう異次元です。未来へ行きますか?過去へ行きますか?

“タイムマシン・空間移動(効果音作り方ミニ解説)Time Travel Sound Effect” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください