目覚まし時計のベル(効果音作り方ミニ解説)

うるささは正義!


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
目覚まし時計のベル(効果音)Alarm Clock Ringing (Sound Effect)
(48kHz 24bit)

昔ながらのハンマーでベルを叩く目覚まし時計です。
グロッケン?チェレスタ?

20131228alarm1
いいえ、FM8で作りましょう。
アタック感や同音連打による共鳴の制御は
一から作った方がコントロールしやすいです。

で、音としてはシンプルなベル音を作って
連打するだけなのですが、一つだけ注意する所があります。

20131228alarm2
最大発音数を増やしておきましょう。
FM8のデフォルトはたしか8になっていたと思いますが、
これだけのスピードで連打すると一瞬で発音数を使い果たすため、
9個目の音が鳴ると最初の音が消えて不思議な感じになります。

ごく個人的には、この音聞くと「自分で起きるまで起こさない」という
主義だったらしい近所の子の目覚ましが
毎朝鳴り響きっぱなしだった事を思い出します。
当然、その子は毎日遅刻してました。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください