ドアチャイム・呼び鈴 ピンポン(効果音作り方ミニ解説)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

ぴんぽーん。


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
ドアチャイム・呼び鈴 ピンポン(効果音)Doorbell (Sound Effect)
(48kHz 24bit)

以前もドアホンの音を作った事はあったのですが、
今回は電子音ではなく、昔ながらのチャイムの呼び鈴です。

この手の金属系の音はFM8を使って作るという方法もあったのですが、
今回はグロッケンの音を元に加工する手法で作りました。
グロッケンというと「?」となる人もいると思いますが。
鉄琴です。鉄琴も「?」となる人もいるかもしれませんが、
木琴の板が鉄になったやつです。おもちゃ屋にもよくあります。

で、グロッケンというのは高音部の抜けた音をになうパートなので、
結構高音がキンキン響く音です。
対して、呼び鈴の音というのは耳にはつくけど
それほどキンキンした音ではない。

そこでEQの出番です。


かなーり極端にかけましたが、ハイを思いっきり削って
逆に中域を相当膨らませました。

すると、何となく懐かしいあの呼び鈴の音になりましたとさ。

“ドアチャイム・呼び鈴 ピンポン(効果音作り方ミニ解説)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください