魔法発動・飛んで行くキラキラ(効果音作り方ミニ解説)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

シュワー!


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
魔法発動・飛んで行くキラキラ(効果音)Sorcery, Shooting Star 3 (Sound Effect)
(48kHz 24bit)

魔法を使う時って、大体炎ならボワッっとかゴー!
雷ならドカーン、氷ならピキーンとか、
効果そのものの属性のある音だと思うのですが、
その前の、魔法のエネルギーそのものの音を
イメージしました。

例えば、火の魔法を使って遠くにあるたいまつに火をつけたいとしましょう。
その場合、いくらなんでも炎をゴーッ!と飛ばして火をつけたりしませんよね。
何か飛んでいってたいまつに来て初めて「ボッ」
だと思うので、その飛んでいる何かの事です。

手や杖から放たれるなにか、というとやはり「シューン」的な音か…

しかしそれだけではただのスローイン。
ウィンドチャイムのキラキラ成分を少しだけ、
「え?これウィンドチャイムなの?」という位少しだけ足して、
後はEQとリバーブでまぜまぜ…はい、出来上がりです。

“魔法発動・飛んで行くキラキラ(効果音作り方ミニ解説)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください