恐怖・ホラー 6 歪んだ鐘(効果音作り方ミニ解説)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

いかに気持ち悪くするかを考えるという戦いです。


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
恐怖・ホラー 6 歪んだ鐘(効果音)Horror, Mystery 6 Distorted Bell ( Sound Effect )
(48kHz 24bit)

恐怖的な音を作る時は、知ってるけどなにかおかしいといった
違和感をわざと作って気持ち悪くすることが有ります。
この音はそういったアプローチから作りました。

まず、元になる音はチューブラーベル(→Wikipedia)、
わかりやすくいうとのど自慢の鐘の音です。カーン。


これを、元々出せる音からさらに3オクターブ下
に下げます。

はい、そしたらこれのピッチを揺らして出来上がり…ではないんです。
(ジャパネットたかた風に)
ただ単一の音のピッチを揺らすだけでは
ものすごい「あー、シンセなんだねー」っていう違和感が出てしまい、
「よくわからない気持ち悪さ」の正体が透けて見えてしまうんですね。
そこで、どうするか、というと。


同じ音を二つ鳴らして、片方だけピッチを揺らしてあげます。
するとなんということでしょう!
「なんだか気持ち悪くてよくわからない音」になるのです。

…書いていて本当にこれがいい音なのかわからなくなってきました。

コチラの記事もどうぞ!

“恐怖・ホラー 6 歪んだ鐘(効果音作り方ミニ解説)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください