猿ヶ島でKLX250覚醒の巻

リアサスをちょっとセッティングしたら(バイクが勝手に)速くなったー!


はい、久々猿ヶ島であります。
今回からスーパーオフロードビールケーススタンドを導入。
高さがギリギリだったのでタイダウンでリアを縮めて
フロントを持ち上げてネコタイヤからオフタイヤへ換装…

…?????


クイズ!これはなんでしょう!?


答えは粉々になったスピードメーターのセンサー(メーターギヤ?)でしたー!

orz

前回走った時にちゃんと噛み合ってなかったんだろうなぁ…。


右上のホイール中心部に噛み合って
スピードメーターを回す…はずが、噛み合う部分が無くなってしまったのです。


ま、今日の所はいいか。動くし。
前回までのメンテナンススタンドでガッシャーンと
ぶっ倒れたりしながらよりははるかに安定して
つけはずし完了。


んでまあしばらく走っていたが、
前回同様、スピードを上げて行くとジャンプやフープスで
ケツが跳ね上げられてとても走れない。
車載状態だとリアサスのイニシャルの調整ナットも
回らないし、まあ今日の所はゆっくり走るかなぁ…

20130630saru7
と、そんな所でテツさんから減衰力調整のすすめ。
とりあえず、圧側を目一杯締めて(硬くして)走ってみると…。

なんじゃこりゃー!

激 変 !

フープスで上下にボヨンボヨンしない!
コーナーで滑っても粘るから、さらにアクセルを開けて
パワースライドが出来る様に!
乗りやすく、しかも速くなった!バイクが!
2stと違ってマイルドにパワーが出てくるので、
コーナー出口の姿勢制御も凄く楽。

公道用バイクと一台にまとめられるからと
KLX250を買ったけど、やっぱりオフロードでは
モトクロッサーの方が圧倒的に速いし、この辺は我慢かなぁ…
と、思っていた時期が私にもありました。
でもこれは、腕次第でもっともっと速く走れるバイクだ!!
買ってよかった!と、ぶっちゃけ初めて思いました。感動ものですよ。

わーいわーい!

どーん

ど う し て こ う な っ た あ あ あ あ あ

えーと、右フロントウィンカーはレンズだけ交換すれば大丈夫かな
右シュラウドもガリガリだけど、まあその辺はオフ車の勲章でしょう。
フォークのシールは転倒とは関係なくいっちゃったみたいなのでこの際左右交換しよう。
スピードメーターセンサーも要交換。

まあウィンカーと外装は交換すればすぐ直るけど、
フロントフォークのオイル漏れは面倒だなぁ…
真夏の炎天下でシール交換2時間×2本コースはきつい…。
までも、折角今日楽しく乗れたんだから早く直して
どんどん走りに行こうそうしよう。

サンバーの車内が漏れたフォークオイルで臭い。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください