カテゴリー
写真,カメラ

RIKENON 50mm F2 L(PENTAX K-7)作例その2

色々実験中。

まずは猫から。


necobit宅の照明は全体的に暗めなので、夜の低感度猫撮影は
難しいのだけど、F2の明るさと相まって珍しくうまく行った一例。
美味しくたべるねこびたま。21時過ぎ。


なんとなくどらまちっくなぽちびっと。
部屋を奇麗にしておけば良かったと思わないでも無い。


こちらは深夜2時である。
すでに部屋の電気は消灯、小さな赤いランプがつくのみである。
ISO1600でも10秒シャッター。殆ど動かなかったぽちびっとよありがとう。
補正で自然な色合いにも出来たんだけど、まあ面白撮影という事であえてそのまま。


まくらー。
いやほんとに気持ち良さそうである。


まるでよっぱらいである。

猫はここまで。


F16まで絞って10秒露光してみたけど、
光芒はそれほど六角にならなかった。


サボテンの花の続き。
奇麗に並んで花開いた。
毎日夜になると閉じる。
サボテンってそんなにアクティブな植物だったのか。

というわけで、まだまだ色々実験中。

楽天でRIKENONを検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください