東京モーターサイクルショー2013 アメリカン (PENTAX K-7)

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

猫背、やせ形、なで肩
アメリカンに乗ってはいけない三拍子がそろっているnecobitですから、
アメリカンは全然乗らない訳ですが、
乗るべき人が乗ればかっこいいなーとは思います。

でも社名とか中身とかカスタムとか全然分からないので
コメントが淡泊になりがちな所には目をつぶろう。


と言いながらイギリスの流れを組むロイヤルエンフィールドが一枚目。
新しいのにクラシック。でも今はインド本社。


ハーレーブースのディスプレイはさすがのライティング。


基本下から照らすドラマティックライティング。


でかいよ!


メッキビッカビカ。


やっぱり下から。


こちらはインディアンモーターサイクル


いち、じゅう、ひゃく、せん、まん
そしてnecobitは数えるのをやめた。


メッキ祭り開催中。


つやけしブラックのバイクってかっこいいけど、
デザインの善し悪しも際立ちそうだから難しいんだろうなー。


ヤマハによるハーレーのパクrいやなんでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください