見上げミーアキャット

なぜスイッチが入ったように動くのか。

コミカルな動きなので、Magical8bit plugでピコピコチャカチャカ。

ポイントは、決めポーズと曲のタイミング合わせ。
2回目の決めポーズのタイミングを合わせるために、
実は途中で曲のテンポも変わってたりするんですわ。

例によって例のごとく効果音はMAASIVE一本槍でして。
決めポーズのくわーっと上がって行く感じとか
モジュレーターをあれこれつなぎつつ、
頭のアタックを強調すべく別の音も足したり。
まだまだ奥が深そうですこのシンセ。
 
 
ソフトシンセ祭

何度も何度も書いた気がするけど、
Macのパワーに余裕が出たので
ソフトシンセを別PCからMacに統合したら、
もーとにかく効率がよろしい!
今回なんか1パートもAudioに書き出す事なく
ソフトシンセの状態のまま最後まで出来ちゃったぜ!

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください