本日の効果音『そばをすする』

ずずっとね。

蕎麦をすする…
ってーと空気といっしょに汁と麺をすするノイズ。
ノイズって事なのでnordrack2にお出まし頂く。
しかし、そのままだとややか細いすすりになってしまう。
EQで調整しようとするとただの変なノイズになる。

ノイズの特定の成分の歪み具合を調整したい。
歪み。。。。。歪み?

そば解説

はい、アンプシミュレーターのTuBIFEXの出番。
具体的には高音部のノイズ感はそのままに、
低〜中域の歪みを強調。

ちなみに、台所で実際にすする音も録音してみたけど、
すする音「だけ」を録音するのは至難の技。
そして、リアルな分、絵と少しでも動きが違うと
(すするタイミングだけじゃなくて、
麺を掴むタイミングとか、口に持っていく動作等も含む)
なんだかちぐはぐな感じになってしまう。

デフォルメした音も、たまにはいいよ。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください