本日の効果音『鳩時計』

くっくどぅーどぅるどぅるどぅるどぅる。

→ この上に動画が表示されていない場合はYoutubeで視聴できます

この効果音はBOOTHで購入できます→ 鳩時計(効果音)Cuckoo clock ( Sound Effect )

作り方解説

SC-8850一台(と、ミキシング)だけで作ったよー。

まずはやっぱり、鳩の音でしょう。
音的にはパイプ系の音だよねー。

SC-8850のフルート鳩時計

鳩時計1

うーん、あからさまに「楽器」な音で
なんか違う。
もっとチープにしたい。
というわけで、SC-8850を10年前の
SC-55モードで鳴らしてみる。

SC-55モードのピッコロ鳩時計

鳩時計2

悪くない。悪くないが、なんかこう
カッチリしすぎた感があるな。
音色もまだそれっぽく出来る気がする。

その後、音色はやや丸くしたピッコロ+オカリナに
落ち着いたが、妙に整った感をなんとかしたい。

necobit二人でアイディアを絞る。

「ぽっぽ」のうしろ側の音は、音がなったら
カラクリがすぐとまるんだから、
もうちょっとイキナリ止まる感があるといいんじゃないか?
ということで、後ろの音だけ短くする。
リズムもちょっと焦りすぎでしょーってことで、
ゆっくりのテンポに変更。

後ろの音を短くした鳩時計

この上にムービープレイヤーが表示されていない場合は→コチラ(Youtube)で視聴できます。
この効果音はBOOTHで購入できます→ 鳩時計(効果音)Cuckoo clock ( Sound Effect )
おー!コレダコレダ!

それに加えて、カラクリが動く時のゼンマイのノイズ、
鳩が動く時のカチャンカチャンした音、
扉が閉まる時のバタン!
振り子の音。

これらを加えてようやく出来上がった鳩時計。
割とこういった本体じゃない音が重要なんですなー。

アニメーションを作るのにメチャクチャ苦労したのは
また別の話。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください