カテゴリー
バイク

バイクエンジンの気筒数について考えてみる

バイクのエンジンについて、 一般に、単気筒エンジンはトルク型で、 多気筒…

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

バイクのエンジンについて、
一般に、単気筒エンジンはトルク型で、
多気筒になると高回転高出力と言われているが
なぜそうなのかまで考えた事はなかった。

電車に揺られてる間に思いついたので、
ある程度乗った事のある250ccを例えに、
資料無し、想像力全開で考えてみよう。

単気筒 スズキ GOOSE250
2気筒 ホンダ VTZ250
4気筒 ホンダ CBR250RR

馬力は
CBR>VTZ>GOOSE

都市部の扱いやすさは
GOOSE>VTZ>CBR

高速での余裕は
CBR>VTZ>GOOSE

単気筒はトルクがあって都市部で多用する
低回転が使いやすい。
4気筒はエンジンが良く回るので、
高速でもある程度マージンがあって
振動も少ない。

その要因は何か。
エンジン内部を想像する。


単気筒

赤いところは燃焼室の容量を色づけ。
色々省略しすぎなのは目をつぶろう。

単気筒は一回の爆発が大きいから、
エンジンを余り回さなくてもパワーがでる。
(=トルクがある)
振動は大きくて高回転は回し辛い。

2気筒
2気筒は爆発は小さくなるけど
その分1つが軽くなるからエンジンが
よく回る。
振動も2つである程度打ち消しあえるから少なくなる。

4気筒

4気筒は更に軽くなるからもっと高回転まで回る。
振動はほぼ感じなくなる。

で、それと馬力がどう関係してるのか。
イメージとしては、高回転まで使うというのは
パワーを使い終わりの歯磨き粉のように搾り出している気がする。
それができない分、馬力では4気筒という事に
なるんじゃないかなー。

ちなみに4気筒が上限なのは、
多分250ccだと1気筒が小さくなり過ぎるからだと思う。
4気筒でも1つがヤクルト以下の容量なんだぜ。

上記は全て想像だから、みんなどんどん
誤ってるかもしれない知識として
覚えるといいです。
試験には出ないので受験生は単語帳を覚える方がオススメ!

…ひょっとして最近は単語帳もアプリになってたりするんだろうか。

後日調べて、余りにも間違いだったら
訂正記事を書くよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください