サンバーのオイル交換をした。

さほど暑くない、雨降ってない、やや曇り。
今しかない!サンバーのオイル交換だ!
駐車場から家の前まで持ってくるから作業開始までに勢いがいるんだよね。
 
 

 
どうすりゃいいのかよくわからないので、
とりあえずぼろぼろのバンパーを取ってみる。
オイルの注入口発見。
オイルを抜くドレンはどこだー?
 
 

 
ココから覗き込む。
 
 

 
コレかな?
場所的にもエンジンの下側だし、間違いないだろ。多分。
 
 

 
てなわけで、ジャッキあーっぷ!
  
 

 
したにオイル受けをおいて、メガネをかましてと。
しかしちょっとジャッキアップしただけだと非常に力が入れにくい。
プラハンでゴスっとたたいたらあっさり緩んだ。
ハンマーを使うときは斜めに叩いてボルトを舐めないように要注意。
 
 

 
だばーっと出てくる。
後はしばらく放置して抜けるまで待つ。
 
 

 
買っておいた換えのドレンボルト。
ドレンボルトはかえる必要なんかないんだけど、
用品店でパッキンだけが売ってなかったからしょうがない。
ディーラーに直接でももちろん買えるけど、いちいち車検証のコピーとられたり
面倒なので近場の用品店で探した。
ディーラーの方が安い。だって必要なのパッキンだけだし。
パッキンは締めたら結構がっちょリつぶれるタイプなので
換えたほうが吉。
 
 

 
こちらからホームセンターで3lで1300円ぐらいだったオイルをぶち込みます。
 
 

 
レベルゲージでLとFの間辺りまでオイルを入れて完了!

ってとりあえず駐車場までの200mぐらいしか走ってないけど、
極低速でノッキングしなくなった、と思う。200mしか走ってないけど。

さて、続いてアレをアレするよ。
そして例によって何かが起きるんだ。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

1件のコメント

  1. カー用品店は棚には並んで無いけどパッキンバラ売りしてくれますよ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください