音感ってなんですか?

さて、今日は「音感」について。

一昔前に「絶対音感」という本が流行ったので
単語は知っている人が多いと思われる
「絶対音感」
それにいつも引き合いに出される
「相対音感」
というのがあるけれども、
一般的に言われる絶対音感は、基準に音なしに
鳴った音に音名をつけられる音感。
要は突然鳴った音だろうがその音が何の音階か
わかる能力ということ。

そして一般的に言われる相対音感は、基準と鳴る音があって、
そこから鳴った音の音程を相対的に知覚する能力。

※定義については色々とあるようなので、
 詳しく知りたい人はwikiでもみましょう。

で、ちょっと変わった音感の持ち主っぽい自分。

CメジャーとAマイナーのスケールのみにおいて
ほぼわかる。という音感。
簡単に言うとピアノの白鍵だけ結構
直接わかる。

が。

黒鍵が入ったスケールだととたんに
白鍵の部分もろともわからなくなる。

例を挙げると、

そらの状態で、
「ドレミファソラシドー♪」
は歌えるけど、

「ドレミ♭ファソラ♭シ♭ドー♪」
は歌えない。

でも同じマイナーの
「ラシドレミファソラー♪」
は余裕で歌える。

鍵盤で弾いてからなら歌えるけど、
次の日になるともう歌えない。

同じような音感を持った人には未だに
会ったことがない。

これはやはりバイエルを10年続けてしまった事に
何かが隠されているのであろうか。。。。

絶対音感って便利なのかもなぁと思うことはあっても、
それがうらやましくて「何で自分には無いのだろうか」
と思うほどの事はない。
というか、小さい頃からピアノをやっていたが、
自分の場合、まじめにやっていたら多分辞めているからだ。
だらっだらと特にやる気もなくただ続けていたことが
今どれだけ役に立っていることか。

まさに「継続は力なり」だなぁ。

楽器だけは妙にたくさんある部屋で、
(それぞれちゃんと続ければ弾けるようになるんだろうなぁ。)
と、眺めながら。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください