SMENA 8M 安上がりすぎる内部反射防止策&フード作り方

内部反射防止

さあ、スメハチの裏ブタをあけてみましょう。
SMENA8M
この矢印のところ!
こいつがつんつるてんだから、
レンズから入った光がココで反射しちゃってフレアが出ちゃう
….らしい。

ちゃんとやるならここに植毛紙というやつを貼るらしいのですけれど、

その辺で売ってるつや消しブラックのペン(というか塗料)
矢印のところを塗ってみました。

フード

探せばスメハチに合うフードもあるんだろうけど、
本体が数千円のスメハチに、同じような値段のフードをつけるってどうなのよ?

…というわけで。

まず、黒いフィルムケースを手に入れます。
SMENA8M
ケースの蓋(矢印)のところをカッターなどで頑張ってくりぬきます。
ココが一番慎重にやるトコ!

うまくくりぬけたら、ソレを裏っ返します。
すると、スメハチのレンズのトコにちょっとキツめではまるんです。
SMENA8M

今度はケースの本体を、2cmぐらいのトコでカットします。
SMENA8M

で、そいつをスポっとはめます。
SMENA8M

もいっこフィルムケースがあれば、そのフタをレンズキャップ代わりに。

作成者: necobit(ねこびっと)

音楽と電子工作でMIDI寄りものづくりをするユニット。MIDI制御基板の開発・販売、製品作例として自動演奏化楽器の展示・音とメカのパフォーマンスを行なっています。

2件のコメント

  1. 安上がりすぎますが、素敵です!チープ感がたまらない!
    うちでも試してみます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください