20140308mv2

軽い空気の発射音(効果音ミニ解説) Air Shooting Sound Effect

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

プシュッ!


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
軽い空気の発射音(効果音) Air Shooting Sound Effect
(48kHz 24bit)

シンプルな感じの音ですが、ちょっとだけポイントがあります。

オシレーターはホワイトノイズのみ。
フィルターはバンドパス。
Massiveのバンドパスはフィルターの
幅を自由に変えられるから扱いやすいですね。

20140308mv1
こちらがカットオフのエンベロープ。
アタック0の右肩下がりで
「シューン」という変化です。
ちなみに実験中にOSC1を使ってみた
形跡がありますが不採用になりました。
(音程感のあるオシレーターを使うと
「ピューン」てなっちゃいました。)

20140308mv2
そしてこれがバンドパスのwidth。つまり
バンドの幅に対して変化させるエンベロープ。
アタックをちょっとだけ遅くしました
すると何が起こるかというと…

「プッ」です。

上の動画をもう一度再生してみてください。
「シュン」じゃなくて「プシュン、プシューン」。
それの「プ」です。
アタックの部分の作り方、これが打ち出す系の
効果音のキモだと思います。

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE 10 在庫あります!

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE 10 在庫あります!
価格:59,799円(税込、送料込)

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「軽い空気の発射音(効果音ミニ解説) Air Shooting Sound Effect」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*