wgiskey2

ウイスキーをそそぐ(録音 効果音ミニ解説) Pouring Whiskey Recording Sound Effect

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

わかってみれば当たり前の発音原理。


→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

この効果音はGumroadで購入できます
ウイスキーをそそぐ(録音 効果音) Pouring Whiskey Recording Sound Effect
(48kHz 24bit)

最初に白状しておくと、ウィスキーではなく
ウィスキーの空き瓶に水を入れて録音しました。
丁度ビンが空いたものですから。

水を入れて録音スペースでレコーダーを回し、
録音…

トクトクトクポワン…

んー、ちょっとイマイチかなー
もう一回

チョロロロロロー

!?

も、もう一回

チョロロロロロー

あれれれれ、トクトク言わなくなっちゃったぞ。
で、色々試すうちにわかったこと。

wgiskey1
誰がなんと言おうと角瓶のウィスキーです。

wgiskey2
音が出るのはこの空間!
ここの空間が空いたりふさがったりすることで
音が出ているようです。
そして少し注いだ状態からさらに注ぐと…

wgiskey3
隙間があいちゃって音が鳴らなくなるのですよ!

ウィスキーの音といえば「トクトクトクトク」
だと思っていましたが、あれは一定の条件があってこそ
鳴る音だったんですね。

最終的に

グラスに注ぐ(録音)→イマイチ→
→ベランダに出てグラスからボトルに戻す
という作業を4回くらい繰り返してできました。
深夜のベランダは寒いですね。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「ウイスキーをそそぐ(録音 効果音ミニ解説) Pouring Whiskey Recording Sound Effect」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*