本日の効果音『Vツインエンジンサウンド』

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

はたして、録音することなくバイクの音を再現することは可能なのだろうか。

Vツインエンジン

この効果音はGumroadで購入できます
効果音『V型2気筒』Sound Effect -V-twin engine-

まずは、バイクの音っていうのは
何がどうなってでている音なのか、考える。

この音に限らず、実際に鳴っている時の効果音は、
構造を考えてから作るととっかかりがつかみやすい。

普通耳にするバイクの音って言うのは排気音。
エグゾーストノートという奴だ。
エアクリーナーボックスを外すと吸気音も聞こえるけど、
今回はそこは考えない。。
↑スクーターでやると、お手軽にヤンチャ仕様になるぞ!
ただしセッティングだしてあげないと調子悪くなるから要注意!

ちょっと複雑な音なので、音源はMASSIVEをチョイス。

で、Vツインの場合は、二つの排気音が(基本は)交互に鳴ることで
あの「ブロロロロロ」という音になっている。

なので、オペレーター(音の発信源)は二つ。
それを微妙にずらして鳴らす。
極低音で鳴らしながら、低い回転の音を作っていく。

できたら、徐々に音程があがっていくようにピッチエンベローブを作る。
ここでのポイントは、

音程が上がる=周波数が上がる=エンジンの回転数が上がる
という発想。

バイクの回転数は、
一分間にエンジンが何回転しているかを示している。
回転数が上がるほど、爆発の周期が短くなる。
つまり周波数が上がる。
そこに気がつくと、エンジン音の変化について
根本の部分から理解できるのでできたも同然。

というわけで出来たのが上の音。

なんかちょっとアメリカンっぽい感じがするのは
まあカスタムしたと言うことで(笑)

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*