DT-2 Rev.2 Digital to Transistor 2port とは…

音楽を作るときに使うMIDIという規格を利用して
色々な機械(スイッチのON/OFF、ロボットの動き、自動制御の舞台装置や照明など)を
コントロールできるMIDIメカニカルシステム(MIDI Mechanical System)の
一部で、
2ch分のINPUTに入力された微弱なスイッチ信号を
大きな電力を扱えるように変換するモジュールです。

各ポート最小6Vから最大24V、絶対最大定格各ポート3A、通常時2Aまで対応しています。
※大きめの電力で連続通電する場合発熱に注意してください。
変換元と変換先では電気的に絶縁され、相互のトラブルが
干渉しないようになっています。

各ポートにフリーホイールダイオードがある為ソレノイドやモーター等の
逆起電力が発生するものにも対応しています。

さらに大きな電力が必要な場合は、
市販のリレーモジュールなどを利用してください。

→ 詳細解説 MIDIメカニカルシステムとは

→ ソレノイドの制御-MIDIメカニカルシステム具体例1-

製品内容物

  • DT-2 Rev.2モジュール 1枚
  • ターミナルブロック 3個
  • ピンヘッダ 3ピン 1個

ターミナルブロックはロットによって
外見などが変わる場合があります。

※ご注意※

この商品は、ご自身でのはんだ付けが必要です。

同梱のコネクタはピンヘッダですが、
ケーブルにオスのコネクタを使用したい場合は
2.54mmピッチのピンソケットでもご利用いただけます。

ターミナルブロックは大きな電力を流せるようにするため
ハンダ付けにじゅうぶんな熱が必要なパターンになっています。

ハンダゴテを当てしっかりとランドを熱し、
ハンダが基板側に流れるのを確認した上で
ハンダ付けをしてください。

接続図

INPUT1-2は制御側からのスイッチ信号を入力、
INPUTのGNDには制御側と同じGNDを接続してください。
スイッチする機器のGNDとは分けてください。
分けなくても動作はしますが、その場合は絶縁はされず、
スイッチする機器でのトラブルが
そのまま制御モジュールに伝わってしまう可能性があります。

出力側は基板横側のP3コネクタにスイッチする機器の電源を接続し、
上に並んだP1-P2にスイッチする機器を接続します。
VDDにプラス側、Dにマイナス側を接続してください。

大きな電力を流す場合はモジュール全体が発熱する場合があります。
十分冷却できるように配置してください。

お問い合わせはコチラ

返答が必要な場合は入力したメールアドレスに間違いがないか再度ご確認ください。

→ MIDIメカニカルシステム商品一覧はコチラ

MIDIメカニカルシステムとは

1 Comments

  1. Pingback: DT-2(Digital to Transistor 2port)[MIDIメカニカルシステム] – necobit電子 Electronic Control Products

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です