OLYMPUS DIGITAL CAMERA

magno 木のラジオを修理する

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

最終的にボリュームのガリを取っただけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
我が家で愛用のラジオ、magno 木のラジオ。
何が便利って、外部入力がついているので、
iPodやポータブルラジオをつないでキッチンで
お手軽にシャリシャリじゃない音で聞いたりできるのですよ。
(モノラルだけど)

だがこのラジオ、ボリューム兼用のスイッチを入れた瞬間に
「バリバリバリッ!」と爆音が鳴る様になって来た。

よし、調査だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏側。
電池ボックスの蓋を外して、パネルの4本のネジを外す。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
パカっと。
電池ボックスの部分はねじ止めされていないので
コネクタを外して上にずらす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここまではなんの障害もなかった。
この基板、使われているネジはこの一本だけ。
しかしこれを外しても、ボードが浮かない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
基板にRJBN0021A-6と番号があるが、
このラジオ、モデルチェンジがあったらしいので
今のモデルは番号がどう変わっているのだろうか。

あれこれ試してみると、どうやらこの裏でつながっている
ボリュームのつまみがストッパーとなって
外れなくなっているようだ。

…しかし、この隙間があまりない状態で
どうやってボリュームつまみ部分が装着されているのか
確認する方法がない。

あれこれ試行錯誤しても取れる気配がないので、
修理事例が無いか調べたら、いらっしゃいました。
テレビ修理-頑固親父の修理日記 magno, WR-01/2B 木製ラジオ

接着剤でくっついてるらしい。
接着剤をはがす…となると、一般的なのは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ドライヤー、ですよね。
これで少しの間熱してから
ボリュームつまみを表からおりゃ!っと引っ張ると、
「ベリッ」という感じで採れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
木の棒の先にビニールチューブがついてて、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ボリューム本体には接着剤がてんこもり。
つまみのビニールチューブの中に接着剤を注入
→そのまま組み立ててボリューム本体に接着
という組み立て方なのかな?なんにせよ分解しづらい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
裏側…は特に以上無さそうな気配。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
電解コンデンサーに膨らみも無く、こちらも異常なし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
後考えられるのは、というか一番怪しいのは
当然ボリューム本体。新しいのに換えちゃうのが
一番安心だけど、都合良くストックがあるはずもなく、
とりあえず掃除して最低から最大まで何十回も
行ったり来たりしてエクササイズ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここのボリュームの最大抵抗値は5kΩ。
換装する時の参考にメモ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
サイズは大体16mm位。メモ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
清掃後。
組み立てはひっぺがしてしまった接着剤を再接着すべく、
外した時と同じ様にドライヤーで接着剤を柔らかくしてから装着。
とりあえず今の所問題なくくっついている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
元通り。
電池を入れてテストしてみたらガリもなくいい調子。
これにて復活。

最終的に基板を浮かせる必要があまり無かったという事は
結果論だから。なんでも挑戦してみればいいじゃない。

なんでも今のモデルはリチウムイオンバッテリー内蔵になってるそうな。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*