spool-knitting_mop_trial-22.jpg

リリアンでしましま(改)モップ(試作)アクリルたわしスポンジ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

問題を乗り越えれば、そこには新たな壁がある。
リリアンでアクリルたわしスポンジの続編です。
spool-knitting_mop_trial-1.jpg
自作編み機ではなく、ハマナカのアンデミルミル Hiになりました。

自作してからだと
よーくわかる、メーカー品のいいところ。
ピンの形状とか!編みやすく良く出来てるわ…。

何よりも食いついたポイントは、
組み合わせでサイズ変更ができるところ!!!

そんでもって
これまでやってたリリアン編みの、ぐるりと糸を一周かけて…
ではなく
ピン1つずつかけて編んで進めていく方式。
(これはアンデミルミルじゃないリリアン編み機でもできる)

そうすると…
表編み・裏編みと、編み目の変化がつけられて
さらに、筒状じゃなく平らな編み地も作れちゃうと!
spool-knitting_mop_trial-21.jpg
なんて試してみてるうちに
ふと思い立って、王蟲の幼生…ではなく
ムックの毛のようなモップのような編み目ができました。

とりあえずサクっと一部始終を動画でどうぞ!

→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。
動画中のサウンドはすべて自作です。Gumroadで購入もできる効果音は…

前回のしましまアクリルたわしの課題であった
色替えのところで、引き攣れたり穴があいたようになる問題。
コレは見事に解消です。
spool-knitting_mop_trial-15.jpg
色替えのはじめに、これから編む色を上にして出し
spool-knitting_mop_trial-16.jpg
休みになる色を下にして、交差するように筒の内側で待機。
画像には写っておりませんが
赤糸を辿っていくと、高いところに毛糸の待合室があります。
要するに
「筒の真ん中に糸があるように、上で赤の毛糸玉持ってて!」

それと、スタート位置のピンに印をつけておき
常にその位置で色替えを揃えるのもポイント。
(当たり前なんだけど、ぐるぐる編んでると意外とうっかりズレる)

モップ・同じ段での色替えが、次の課題

一見、おみごとにいきなり成功した…気がした
モップのようなループ
spool-knitting_mop_trial-5.jpg
アンデミルミルの裏編みのやり方で
はじめに引き出した糸
その中に、もう一度糸をかけて引き抜く。

たぶんこれ、かぎ針編みでいうところの鎖編み…だと思うんですが…

spool-knitting_mop_trial-10.jpg
で、その引き抜いてできたループは
それはそれで置いといて。
何事も無かったかのように、同じピンで裏編みをする。

spool-knitting_mop_trial-22.jpg
し か し ゆ る い !

モップなループが緩いのではなく、そこの編み目が緩いんです。
spool-knitting_mop_trial-23.jpg
ピンひとつごとに、つまり一目ごとに色を替えるという
小洒落たガチャピンカラーにしてみたコチラ。

横のしましま色替えの部分の、
だいたい3倍くらい
縦方向に編み目が長い!!!

モップで隠れてて見えないけど、これと同じ緩い編み目。

実際、片方を風呂掃除に、片方を食器洗いに
ガシガシ使ってみても…使えます。
ほどけちゃったりしない
ループの大きさが変わっちゃったりしない
使えます。

使えますが。

でも普通の編み目と同じサイズの編み目にしたいーーーーー

というわけで、編み物に手を出しました

knitting_trial.jpg
リリアンと棒針編みは、厳密に言えば別物でしょうが
似たり寄ったりな共通点は多々あるでしょう。

とりあえず道具を揃えるところ、
困ったことに、うちでは編み棒は猫のオモチャに使っている。
見慣れた棒の先に、毛糸がつまりヒモがくりくり動いていたら…
そりゃもう猫らが飛びつかないわけがない。

はてどうしようかと思ったら、輪針というのがあるんですね。
編み棒の根元がそれぞれコードでくっついてる状態。
筒状のモノを編む時に使う…そうですが、フツーに平らにも編めると。

こりゃいい!とさらに調べると…
オススメの輪針は「匠」だとか「ニットプロ」だとか
…初心者でアマチュアなんで大変気が引けます。
そこにいました!

アンデミルミルと同じメーカー
ハマナカのあんしんわばり。
お子様にオススメということは、初心者にもオススメということでしょう。

レビューみると、滑りにくくて編みにくい!と書いてあったりもする。
しかし初心者にはそこが良かったですよ。

安いついでに100均輪針も使ってみまして、
編むのは基本的に、同じ動作の繰り返しなのですが
そこは初心者。
途中でふと「…あれ?これでいいんだっけ…?」となる。

で、編み物基礎本を見ているうちに
ぽろっと編み目が棒針から抜け落ちているのですよ。

弾力性のある(ほんとに曲がる)樹脂製なので
滑り過ぎず、しかし引っかかるでもなし。

100均輪針に比べて、糸のかけやすさも違ったし。こりゃーいいや。

ところでポンデライオンが好きならマナちゃんもお好き?

あんしんわばりのパッケージのネコキャラクター。

アンデミルミルの使い方など調べるうちに
辿り着きましたハマナカのマナちゃんのページ
イラストだけでも、両耳しっかりピンとしてないところとか
ツボをついたポイントがなかなかよろしいところ。

喋ると(というか文章セリフだけど)またこれが
のーてんきキャラクターが立ってよろしいところ。

お友達のユウくんがこれまた、もろに京都弁でびっくりなんですが
文字になった関西弁の味わいって…実によろしい…

なーんてキャラクターまでベタ推しですが
お気楽に編み物はじめましてになりまして、助かっております。

そうそう、編み物基礎本は
自分が「アメリカ式」と「フランス式」どっちでやるかと
買おうとしてる本がどっちで説明されているかと
まず確認した方がいいですよ!

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「リリアンでしましま(改)モップ(試作)アクリルたわしスポンジ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*