20131012organ

パイプオルガンによるRPGオープニングテーマ(兼、Knutby Church Organ/Precisionsound機材レビュー2)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

どらまちっく&みすてりあす。

前回音色のレビュー用に作った曲は大人しめの曲だったので、
今回は時にビャー!っと激しく、時にあやしく、といった曲を作りました。

→ この上に動画が表示されていない場合はYouTubeで視聴できます。

イメージしやすい様に絵をつけましたが、
静と動が大きく、ドラマチックな音をイメージしてみたので、
物語性のある曲になったんじゃないかと思います。

パイプオルガンの魅力は、何と言っても「ホールそのものが楽器」な所で、
オーケストラとは違う「体で聞く」楽器な所だと思います。
静かに吹いたフルートの様な音から体にビリビリくる様な激しい音まで、
場面場面に合わせて多才な音が一人で、しかも電子音抜きで鳴るのも
よく考えたらすごい事です。

今回使った音は

Precision sound/Knutby Church Organ(PSKCO)(メーカーリンク)」
というKONTAKT用の音源です。
(以前レビューした記事はコチラ→Knutby Church Organ/Precisionsound(パイプオルガンのソフトシンセ)機材レビュー

この音はシミュレート系ではなくサンプル音源なので、
実際のパイプオルガンの様にストップを使って音色を変化させる事はできません。
その代わりによく使われるストップの設定が数十個用意されています。

なので、ソロ曲で使う時は

だーっとKONTAKTに全部の設定を読み込んじゃって
音色を変えたい時はその音色のチャンネルに変えて…
といった感じで使うのがスムーズでいいかなーと思います。

オルガンは他の楽器と違って、
ホールによって音色が大きく違うので、この音色も
Knutby Churchとわざわざ教会の名前が書いてあるんですね。

みなとみらいホールでパイプオルガンのコンサートを聞いた時は、
コンビネーションが不具合で動かなかったみたいで、演奏者が
その場で演奏を止めずにストップをダダダダダー!
ってすごい勢いで変えていました。あれは本当に凄かった。

オルガンは他の楽器と比べて非常に構造が特異なので
それについても調べるととても面白いです。
necobitはパイプオルガンを弾いた事はないので、その辺は
Wikipedia先生にお任せします。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ ロイヤリティーフリー,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

「パイプオルガンによるRPGオープニングテーマ(兼、Knutby Church Organ/Precisionsound機材レビュー2)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*