KX80メンテナンス記録 フロントタイヤ交換

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on reddit
LINEで送る
email this
Pocket

前回オフロードを走った時にフロントタイヤが裂けたので、その交換をする。
これができればオフ車全般のタイヤ交換は出来たも同然。

やり方については、タイヤレバーというのが2本あれば多分出来る。
ぐらいまでは調べた。

20101120tire_02
 
交換するタイヤはこちら、ダンロップ(DUNLOP)GEOMAX MX-51F
MX51を選んだ理由は特に無し(´∀`;)
元がダンロップのやつだったので、同じサイズで探して
見つかったのがこれだった。 それだけ。
 
 
20101120tire_03
 
サンバーにはNSR50も乗っているので、降ろすのが面倒だ。
ならば載せたままタイヤだけ外そう。

これが悲劇の始まりだった。

20101120tire_04

ジャッキアップして(狭いので車用のやつとフォークストッパーにしている
金具を使った)簡単に外せたー。
 
 
20101120tire_05
 
倒れたー。
 
あの、なんて言うか、前にタイヤがついてない状態で
まっすぐに立て直すのって、不可能に近い。
だって立てた先に踏ん張る場所がないんだから。

さあどうしよう。
 
 
20101120tire_06
 
Nチビをもらってきた時に一緒にもらった
スペアの12インチタイヤ&ホイール。これだッ!
 
 
20101120tire_07
 
エセモタード仕様でどうにか立ち上がるKX。
ここまで引っ張ってようやくタイヤ交換開始。
寒いと思ったのにジャンパーを脱ぎ捨てすでに汗だく。
 
 
20101120tire_08
 
まずはエアバルブのナットを外す。
 
 
20101120tire_09
 
タイヤレバーを使ってえっさほいさと外して行く。

20101120tire_10

片側とれた。
 
 
20101120tire_11
 
もう片側もレバーを使ってテコの原理でぱこっと外れた。
かなり順調かもー♪(∩´∀`)∩

ここまでは。

チューブの状態を調べるべく、空気を入れてみようッ!
 
 
20101120tire_12
 
 
 
 

 
 
 
 
シオマネキ?

うーんと、どうしよう。とりあえず空気は漏れてない気がするから
一度組んで、なんかおかしかったら変えようかな。
 
 
20101120tire_13
 
えーとよくわからんがチューブを先に入れるのかな?
(後で調べた所、タイヤを片側入れてからチューブというのが順当らしい)
 
 
20101120tire_14
 
で、バッコンバッコン入れていったんだが、最後がどうやっても入らない。
全力でレバーをぐぎぎぎぎ…ヽ(`Д´#)ノ
とやったところでびくともせず。

苦し紛れに「エアーいれれば少しは何か変わるかな?」と、

しゅこしゅこしゅこしゅこプシューーーーーー

プシュー

シュー

ュー
 
 
20101120tire_15

穴。

ていうかこれ、レバーで開けた穴っぽくない気がするんだけど。
単純に限界?
 
 
20101120tire_16

大人しく用品店にてチューブを購入してくる。
「ダンロップのタイヤだからダンロップのチューブだろ!」
と、とにかく同じサイズのものを購入。2160円なり。チーン。
 
 
20101120tire_17
 
一応空気を入れてみる。
やっぱりあんなシオマネキみたいな膨らみ方しないよね。
よし、再チャレンジ。
の前に、一度組み方を調べよう。
 
 
で、色々な人のページを拝見した結果。

 ビードを落とすべし
     さすれば道は開かれん

という事が書いてあった。
ビードというのはタイヤ内側のフチ部分らしい。
 
 
20101120tire_19
 
ビードが落ちていない状態。
矢印の部分のラインに注目。
 
 
20101120tire_20
  
ビードが落ちた状態。
ラインはホイールのリムに隠れた。
 
ナルホド。要はタイヤが内側に押し込まれた分、
反対側をはめる時に余裕が出来るという事だなっ!
 
 
20101120tire_21

つるっと滑る様に食器用中性洗剤を垂らす。
ちなみに軍手に洗剤がしみ込んで、手がガッビガビになった。
タイヤを痛めずに滑らせられれば何でもいいっぽいので、
ビードワックスという専用のワックス(楽天市場リンク)なり
シリコンスプレーなりがあるといいかも。
 

20101120tire_22

目視でビードが落ちていない場所をつま先でギュッギュっと踏みつけて
落としながらはめて行くと、さっきより遥かに楽に入って行く!
こういうことかッ!
 
ちなみにレバーを使わずにはめられる人もいるらしいけど、
よくわからなかったので大人しくタイヤレバーを使ってはめる。
このはめる時にレバーでチューブをはさんじゃって
穴をあけるパターンが非常に多いらしいので、一回ずつ、
目で見てチューブを噛まない様にやっていく。

20101120tire_23

全部入ったー!ヽ(゚▽゚*)乂(*゚▽゚)ノ バンザーイ♪
うれしくて記念撮影。

20101120tire_24

はい、さっさと元に戻します。
改めてKX80をなるべくしっかりジャッキアップして、
仮ホイールを外す。

で、元のホイールを入れたら、ここで予想外の事態が。
 
 
20101120tire_25
 
フォークが重力で伸びてしまって、
ホイール側の穴と大幅にズレている。
通常のタイヤ交換であればもちろん持ち上げていれればいいのだが、
ここはサンバーの車内なので、屋根につかえて出来ない。
 
さあどうするどうするどうする。
 

20101120tire_26

車体を棒一本で支えさせて、
ジャッキを使ってフォークを縮ませる!
 
 
20101120tire_27

これがうまくいって、何とか装着完了ー(;´Д`)ハァハァ 
 
 
なんだかんだで半日近くかかってしまった。
までもやり方はわかったので、
次回は半分位の時間でできるんじゃないかな。

今回はモトクロッサーだからチューブタイヤだったけど、
チューブレスタイヤだとまた勝手が違うんだろうなー。
 
早い人はものの数分でやるらしいな…。
信じられん…。(; ・`д・´)

今日の教訓

 サンバーに積んだままとか無茶すんな馬鹿
 
 
メモ
KX80ラージ フロントタイヤサイズ
70/100 19インチ

necobitはタイヤ交換のスキルを会得した!
 

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*