機材レビュー -KORG X2-

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket


ずーーーーっと前に持っていた、KORGのX2という76鍵のキーボード。
10年位前にバイトをして貯めたお金で中古で10万円ぐらいで買った気がする。

見た目的にはこれまた昔の名機、01/Wたちとかなり似ている感じで、
(世代も01の後の時代だし)音もそのまま01後継、
といったKORGらしい音だった。

それまでRolandのSC-55mk2しか知らなかった身としては、
ディストーションのかかったギターの音とかで身震いした。
ピアノやストリングスは、リアルという感じではないけど、
バンドサウンドなんかの中で映える、主張してくる感じの音が多かった。

確かこのX2の時代って、殆どのシンセが全音色あわせて
波形の容量が2MBとか4MBとか、すごい機種でも20MBとかだった気がする。
今はピアノだけで4GBとか。なんつーかまさにケタ違いだけど、
容量が1/1000だから音の価値も1/1000かというと全くそんなことも無く、
むしろ昔の音色職人たちに感心する。
KORGのページにもすでに殆ど詳細情報はない。

もう手放して5年以上経つけど、やっぱりあのディストーションギターは
すごかったなぁ。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*