機材レビュー -E-MU 0404 USB-

LinkedIn にシェア
Delicious にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

Windows音源化計画の際、
Windowsマシン用のオーディオインターフェースとして
購入したもの。
メーカーページはこちら(英語)
日本の代理店はこちら

 オーディオインターフェースとは、パソコンとスピーカーの橋渡しを
 する役割の機械のこと。大抵のパソコンに標準でついているが、
 ある程度以上の音質が必要になってくると、外付けで買うのが一般的。

購入にあたってのポイントは

まず、最終的なミックスはMacでやるので、
Windowsからデジタルで音が渡せる事。
こいつはオプティカル、コアキシャルどちらも
ついているので、不足無し。

アナログの音質はほぼプレイバックに使うので、
特別高音質!じゃなくてもよい。

MIDIもIN.OUT一つずつは欲しい。

この3点がまず第一で、値段は2、3、頑張って4万円台までで、
最初はFirewireで考えていた。が、
ソフマップの店員さんの「WindowsでFirewireは
マック程の安定性はないかも。。。」
というコメントでUSBの中からセレクト、
レイテンシーは極力低くしたいので(外部音源として使うから)
USB2.0から消去法で選んで行くと、こいつが
残ったと。

現在はWinーMac間のやり取りはオプティカルで使用。
同時にクロックもオプティカルから受けている。
ホスト、ドライバがわの設定できちんと
外部クロック同期にしてあげないとデジタルノイズが
乗るので要注意。(最初苦労した)

このクラスのインターフェースとしては
思っていたよりいい音。

今の所変に不安定なこともないし、
満足の一品。

コチラの記事もどうぞ!

投稿者:

necobit(ねこびっと)

2人3猫3バイク。 著作権フリー効果音,音楽BGM,ジングルサウンド制作 Necobido(ねこびっドー)→ http://necobit.com/necobido/ Royalty Free,商用利用可能 DL販売・無料版あり♪ お問い合わせ メール→ necobit@necobit.com へ どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*